• ホーム
  • レビトラの効力と効果時間

レビトラの効力と効果時間

薬を飲んでいる男性

世界で2番目に開発されたバルデナフィルを成分としたED治療薬がレビトラと呼ばれ、世界各国で認可されて勃起に悩む多くの男性に使用されています。
副作用は比較的に少なく、吸収率の良さから服用して20分ほどで効果が出てくるという即効性が人気です。
ED治療薬は食事に影響されやすく、性行為のタイミングから食事の時間などを計算して前もって服用しておく必要がありますが、レビトラは直前に服用しても効果が現れるので、性行為のタイミングが取りづらい、予想外の展開で性行為をすることになったという場合でも利用できるのが最大の特徴となります。
また、効果時間も比較的に長めで、10mgなら5~6時間、20mgなら8~10時間は持続が期待できることから、ED治療薬の作用時間を少しでも長く利用したい人には便利なタイプと言えます。
レビトラの効力については、他のED治療薬でも同様に言えることですが、勃起力などは個人差が出やすいので、どの飲み薬が良いとは言い切れません。
レビトラを飲んだら若い頃よりも力強く勃起できるという人もいれば、全く効果がないという人もおり、さらに別の薬の方が勃起できるという人もいます。
ただ、高濃度で飲めば勃起力や持続時間は大きくなるので、10mgで効果が薄いと思ったら20mgを利用すると良いでしょう。
一般的にはバイアグラが最も効果が強く、レビトラはその次に勃起できると言われていますが、完全な比較をするのは難しく確実性はありません。
また、レビトラには早漏に対しての効果があると言われており、下手な早漏改善グッズよりも高い効果を発揮するようです。
原因は不明ですが、勃起によって男性器の感覚が鈍りやすく、亀頭や陰茎の感受性が薄まることから、女性器から受ける刺激を抑えることができるのだと考えられています。