• ホーム
  • フィナステリドによるEDは肺高血圧症にレビトラ

フィナステリドによるEDは肺高血圧症にレビトラ

悩んでいる男性

最近において増加している傾向として、AGAと呼ばれる薄毛の症状を発症している人が増えています。
薄毛の原因がAGAであることがわかったときには、専門の病院を受診することでAGA治療薬を処方してもらえます。
AGA治療薬の代表的なものとしてはプロペシアがあり、有効成分としてはフィナステリドが配合されています。
AGAは男性ホルモンによって引き起こされると言われていますが、フィナステリドによって薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制できることから、薄毛の進行を食い止めることが可能となります。
プロペシアを服用することによって、一定の割合で副作用が現れる可能性があり、代表的な症状としては性欲の減退や勃起不全などを挙げることができます。
AGA治療薬を服用したことによってEDの症状が現れたときには、ED治療薬を併用して使用することで改善できる可能性があります。
厚生労働省の認可を受けているED治療薬にはレビトラがあり、主成分としてクエン酸シルデナフィルが配合されています。
クエン酸シルデナフィルは元来では狭心症の治療薬として研究されてきた成分で、その過程において勃起不全の症状を改善できることがわかったために、現在ではED治療薬として使用されています。
クエン酸シルデナフィルは、肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使用されている成分として知られています。
レビトラは他のED治療薬として知られているバイアグラなどと比較して、水に溶けやすい性質があることから、服用してから1時間弱ほどで効果が現れると言われています。
レビトラの効果の持続時間は10mgの場合には4~5時間ほど、20mgの場合には8~10時間ほどとなっています。